最新イベント・トピックス

3月から開催されるイベント

コレクション展 染色の抽象表現 

新鋭染色作家展 日常を掬う
■会期:
・Part2:2024年3月5日(火)~4月7日(日) ※月曜休館
午前10時~午後5時

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ ご利用案内

開館時間、入館料、アクセス、所在地

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ 友の会

染・清流館を通じてお互いの 交流を図り、染アートの普及につくましょう。

清流亭

南禅寺にある東郷平八郎が「清流亭」と命名した山荘。

染・清流館 リンク集

各種美術館、染色関連のリンク集です。

ご意見メール

染・清流館へのご意見、問い合わせ用メールです。

染・清流展

過去に実施した染・清流展について、出展作品をご覧頂けます。

 

 染色といえば、花鳥風月などの具象的な作品を思い浮かべがちで すが、戦後、多くの染色作家が抽象表現の作品を制作しています。
 海外の抽象表現主義やアンフォルメルなど前衛的な美術動向は、 日本の染色の世界にも無縁ではありませんでした。そうした潮流が 日本に紹介された時、染色作家たちは、新しい時代にふさわしい染 色工芸の世界を切り拓いていくべく模索していきます。日展系の作 家も、現代工芸美術という概念のもとで「作家の美的イリュウジョン を基幹として所謂工芸素材を駆使し、その造型効果に依る独特の美 の表現をなす」(1961年「現代工芸美術家協会『主張』」)べくそれ ぞれの染色表現を追求しました。そのなかで、抽象表現の染色作品 も制作されます。また1963年に「染色集団∞(無限大)」を立ち上 げた若手作家たちも、反権威を旗印に独自の表現を創造すべく取り 組みました。
 もちろん抽象表現が、前衛やアート志向をのみ意味するものでは ありません。工芸、美術の範疇にこだわらず、染色素材や技法の特 質に根ざして自己を表現しようと制作に向き合った成果として生み 出された造形が、従来の写生を基本とした創作のありようとは違った 作品形態として結実するのは自然なことだといえるでしょう。そん な中から、ローザンヌ・タピスリー・ビエンナーレをはじめ、国際 的に活躍する染色作家も数多く登場してきました。
 今回は、清流館コレクションの中から多様な抽象表現の作品を2期 に分けて紹介します。既成概念にとらわれない染色の豊潤な魅力を ご堪能ください。 

                         




-->

出展作家紹介

出展作者紹介

 

English