最新イベント・トピックス

9月から開催されるイベント

第22回 染・清流展 ビエンナーレ 2019

第22回 染・清流展 ビエンナーレ 2019
■会期:
Part-1:8月31日[土]~9月23日[祝]
Part-2:9月27日[金]~10月20日[日]
午前10時~午後5時

■場所:染・清流館(明倫ビル6階)

■入館料:大人300円、学生200円



染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ ご利用案内

開館時間、入館料、アクセス、所在地

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ 友の会

染・清流館を通じてお互いの 交流を図り、染アートの普及につくましょう。

清流亭

南禅寺にある東郷平八郎が「清流亭」と命名した山荘。

染・清流館 リンク集

各種美術館、染色関連のリンク集です。

ご意見メール

染・清流館へのご意見、問い合わせ用メールです。

染・清流展

過去に実施した染・清流展について、出展作品をご覧頂けます。

 

染・清流館キュレーター 深萱 真穂


 染・清流館は、第 22 回「染・清流展」ビエンナーレ 2019 を開催します。
 「染・清流展」は、京都を活動の拠点とする染色作家を支援し染色芸術を広く社会の中に位置付けていこうと 1991 年に始まりました。当初は京都市美術館で毎年、2007 年の第 16 回展以降は京都・室町に開館した染・清流館で隔年の開催とし、2015 年に第 20 回の記念展を開きました。その間には奈良や東京へ巡回した年もあります。総勢 130 名を上回る出品作家からの積極的な協力を得て、展覧会は回を重ね定着し、数多くの観覧者をお迎えしてきました。
 今回は 2017 年の第 21 回に続いて、隔年の開催を意味する「ビエンナーレ」を展覧会名に掲げるとともに、京都市美術館でいていた当初に近い大きな作品も受け入れることにしました。 91 年の第 1回にも作品を寄せたベテランから、当時はまだ生まれていなかった新鋭まで、作家29名の作品を2期に分けて展覧します。各作家が染め上げた作品世界をお楽しみいただくとともに、現代の染色表現の豊かな広がりを感じていただければ幸いです。


出展作家紹介

出展作者紹介

 

English