最新イベント・トピックス

5月から開催されるイベント

研究展示 小合友之助 人と作品

新鋭染色作家展 日常を掬う
■会期:
2022年5月20日(金)~6月12日(日)
※月曜休館
午前10時~午後5時

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ ご利用案内

開館時間、入館料、アクセス、所在地

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ 友の会

染・清流館を通じてお互いの 交流を図り、染アートの普及につくましょう。

清流亭

南禅寺にある東郷平八郎が「清流亭」と命名した山荘。

染・清流館 リンク集

各種美術館、染色関連のリンク集です。

ご意見メール

染・清流館へのご意見、問い合わせ用メールです。

染・清流展

過去に実施した染・清流展について、出展作品をご覧頂けます。

 

染·清流館キュレター 深萱真穂


 小合友之助(1898 ─ 1966 年)は蠟染の染色作家として伝統的な染色の革新に取り組み、文展や日展で数々の秀作を発表、日展評議員を務めました。型染の稲垣稔次郎とともに京都市立美術大学の染色専攻の初代教授として後進の育成にも努めました。京都の近現代の染色文化の礎を築いた功労者といえます。
 現在も第一線の染色作家には小合の影響を受けた人たちが数多くいますが、小合の他界から半世紀あまりが過ぎ、小合の仕事や人柄を次の時代へ語り継いでいくには今が好機といえるのではないでしょうか。
 今展では、これまであまり公開される機会がなかった小合の作品や資料を、ゆかりの人たちからお借りして、染・清流館の所蔵作品とともに展示します。将来、小合の大規模な回顧展が計画されるとしたら、そこへ向けての一里塚の役割を果たすことを願っています。
   




出展作家紹介

出展作者紹介

 

English