最新イベント・トピックス

9・10月から開催されるイベント

30周年記念 第23回 染・清流展 ビエンナーレ 2021

30周年記念 第23回 染・清流展 ビエンナーレ 2021
■会期:
<Part-1>
2021年 9月3日(金)~9月26日(日)
<Part-2>
2021年 10月1日(金)~10月24日(日)
※月曜休館
午前10時~午後5時

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ ご利用案内

開館時間、入館料、アクセス、所在地

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ 友の会

染・清流館を通じてお互いの 交流を図り、染アートの普及につくましょう。

清流亭

南禅寺にある東郷平八郎が「清流亭」と命名した山荘。

染・清流館 リンク集

各種美術館、染色関連のリンク集です。

ご意見メール

染・清流館へのご意見、問い合わせ用メールです。

染・清流展

過去に実施した染・清流展について、出展作品をご覧頂けます。

 

染・清流館キュレーター 深萱真穂


 第23回「染・清流展 ビエンナーレ2021」を開催します。「染・清流展」は第一線で活躍する染色作家に、所属団体の枠をこえて秀作を出品してもらい、染色文化のすばらしさを広く観覧者に伝えるとともに、染色界の活性化をも目指す展覧会です。 1991年に第1回を開き、今年は30周年の節目です。2005年まで15回は京都市美術館で毎年、2007年からは前年に開館した染・清流館で隔年に開催してきました。
  当初は大型のパネル作品が主でしたが、今回はパネル形式のほか屏風や額装、タペストリー、染帯など多様な作品が並びます。作家それぞれが表現に凝らした意匠や技法の巧みさ、モチーフへ向けたまなざしの個性を、存分にお楽しみください。
  出品作家は、外部の美術館関係者やマスコミ関係者を含む選考委員が当初34名を選びました。体調不良やコロナ禍のためアトリエが使えなくなったなどの理由により辞退者が出て、27名が最新作を寄せます。感染症の大流行により世界が動揺を続けるなかで今展のため制作に取り組まれた作家の皆さまに、心より御礼申し上げます。




出展作家紹介

出展作者紹介

 

English