最新イベント・トピックス

3月から開催されるイベント

染・清流展を顧みる Part3─第6回展・第7回展・第8回展

染・清流展を顧みる Part3─第6回展・第7回展・第8回展
■会期:
 2017年3月3日(金)~3月26日(日)
 午前10時~午後5時

■場所:染・清流館

■入館料:大人300円、学生200円

■休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ ご利用案内

開館時間、入館料、アクセス、所在地

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ 友の会

染・清流館を通じてお互いの 交流を図り、染アートの普及につくましょう。

清流亭

南禅寺にある東郷平八郎が「清流亭」と命名した山荘。

染・清流館 リンク集

各種美術館、染色関連のリンク集です。

ご意見メール

染・清流館へのご意見、問い合わせ用メールです。

染・清流展

過去に実施した染・清流展について、出展作品をご覧頂けます。

 

 


 「染・清流展」は1991年に始まり、第15回(2005年)まで毎年開催、以後は隔年に開催して今年秋には第21回を迎えます。展覧会「染・清流展を顧みる」は、膨大な数にのぼる出品作から抜粋して染・清流展を振り返る趣旨で、第1回と第2回を対象とするPart1を昨年3月に、第3回から第5回までのPart2を翌4月に開催しました。今回はPart3として第6回から第8回までの出品作から当館の所蔵品を中心に展示します。
 Part1とPart2の開催に際しては、染・清流展の創設や運営に当初から支柱的、主導的役割を果たした当館の木村重信初代館長が「開催にあたって」と題する文章を記し、その中で次のように述べました。「私はいま、第1 ~第5 回展図録の作品写真を眺めつつ、各人各様のきわめて旺盛な制作意欲に打たれ、発足当時の熱気を思いおこしている。このような熱気の再来を願うことも、本展開催の動機のひとつである」。同じ文中で、両展に並んだ計42点には物故作家約10人の作品が含まれることも紹介しました。
 今回の展覧会では、今からおよそ20年前、まだ当館の開設前で京都市美術館において染・清流展が開かれていたころに制作された作品のかずかずが会場を彩ります。作家の個性がさまざまに映し出された創造の果実をお楽しみいただくとともに、染・清流展の四半世紀をこえる歴史や蓄積をあらためて感じていただく機会になれば幸いです。
深萱真穂(染・清流館キュレーター)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
当館、初代館長木村重信が本年1月30日に91歳で他界いたしました。謹んでご報告を申し上げます。
小澤淳二(清流会会長)


出展作家紹介

出展作者紹介

 

English

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得