過去の展覧会

PAST EVENT GALLERY 2010

2010,12,01-2010,12,23

五彩あやなす part2

「日本の心」について、示唆に富んだ先人の主張やことばが ある。たとえば、芭蕉が「為る句」と「成る句」を区別し、頭 でつくる句よりも、おのづからにして「成る句」を重んじた。 造化に従い、自然のよびかけに応ずることが芭蕉の「風流」だっ た。親鸞の「自然法爾」とか、夏目漱石が晩年にいった「則天去私」 も同様の日本の心をしめすようだ。また、白川静は「なる」の 意味を解説し、「なる~なるほど」という存在の論理のうちには、 日本的とよばれる思考の基本的な性格が含まれているように思 うと記している。キーワードは「する」にたいする「なる」である。 工芸家はよく「素材をいかす」とか「素材の声をきく」などと、 自らの創作姿勢を語る。「素材・技法・プロセス」にねざした 造形思考は、工芸家に特徴的であるばかりでなく、日本の心を もあらわし、21世紀にあるべき「なるほどの造形思考」であ ろう。とりわけ、染み、滲み、むらをつくる染めの「なる」的 造形に、その傾向が顕著である。 今回の出展作家は、植物をモチーフに生命の気吹を描き続け る円並地順子、韓国のチェッコリ図に現代をもりこむ裵京姫、 ストロークとテクスチュアを追求する山崎香織の、?染めにと りくむ3名と、細編みでミクロコスモスを掌中におさめる伊藤 光、ポップなプリント地とニードルワークによってGirly世界 に誘う酒井稚恵。5名は、五彩あやなす「なるほどの造形思考」 の面々である。
福本繁樹(大阪芸術大学教授)

scene,1

scene,2

scene,3

scene,4

scene,5

scene,6

scene,7

scene,8

scene,9

scene,10

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ ご利用案内

開館時間、入館料、アクセス、所在地

染・清流館 ~染色専門美術館/京都~ 友の会

染・清流館を通じてお互いの 交流を図り、染アートの普及につくましょう。

清流亭

南禅寺にある東郷平八郎が「清流亭」と命名した山荘。

染・清流館 リンク集

各種美術館、染色関連のリンク集です。

ご意見メール

染・清流館へのご意見、問い合わせ用メールです。

染・清流展

過去に実施した染・清流展について、出展作品をご覧頂けます。

English