Past exhibitions

PAST EVENT GALLERY 2010

2010,03,02-2010,03,22

Kimura Nahoko Exhibition

あくまでも伝統芸に徹する職人ならいざ知らず、自由で主体的表現に賭けるアーティストのジャンル越え新地平探しなど、理の当然でなければならない。美的ショックや感動を誘う作品ならば、どんな素材や技法でも、好いものを好いとするのが私の主義だ。絵画でも、工芸でも、彫刻でも、インスタレーションでも……。ミュー ズを懐深く内在させる作品を眼前に、腰を引く理由などどこにあろうか。美という“ 愛の原理”。自分の詩の中でこう定義したのは、確か草間彌生だった。木村菜穂子もまた、大局的には“ 愛の原理” を継承する現代の選ばれたアーティストの1人なのではない か。〈アートフェア東京2008〉における彼女の紅蓮の炎の大作「KUGUTU  イザナミ」の美との邂逅は、決定的だった。着衣の人体を写実的に描画するには、着衣越しに対象のヌードを透視できなければならない。「古事記」を題材とするこの作品の場合、それがなんと、画面上から展観者自らに厳粛に着衣を脱がせるば かりか、性までも開示するという精巧な装置に、まず驚愕した。あたかもフォンタナが、鋭利なナイフでキャンバスに切り込みを入れ、裏の空間を覗かせる以上にリアルに、強烈なインパクトを感じた。木村菜穂子は最初から、脱がせるべく仕掛け、少女時代の着せ換え人形的発想を援用したのだ。 きわめて鮮麗均質な色面で、くっきり、すっきり型取られる木村菜穂子の近作群。しかし例えば、画面の表層を1 枚剥ぐと仮定するなら、そこに横たわるのが、ヌエ(鵺)のような存在なのかもしれない。サルの貌、タヌキの胴体、トラの四肢、ヘビの尾をもつヌエ。鏡に映るおのれのすがたにたじろぎ、思わず挑みかか ろうとするヌエこそ、現代社会の化身そのものではないのか。その化身を極彩色で偽装し、表層に反転させる。偽装といえば遙かな昔、サルがようやく直立歩行する頃、ヒトとしてめざめかけたオスとメスが、互いの性を布で匿すようになる。偽装化の第一歩である。以来、幾多の偽装と競いながら、ヒトから人間へと変容 してきた。人間社会の文化とは究極のところ、こうした偽装の積み重ねで成り立つ歴史なのではなかろうか。木村菜穂子の画面は、本能に基づく精神的エネルギーと欲望との緊張関係でいっぱいに充たされている。極彩色のかたちはどこか謎めき、秘密が匿されているように観える。

宵待草は
裏切りを食べ
黄色い花を咲かせる
それを眺めていらっしゃる

お月さま
だれか
月を射ち落とせ
とりすましたあの蒼い貌には
秘密が匿されている

(『ワシオ・トシヒコ詩集』収録「月」)
木村菜穂子のサイコロジカルなロマンと神秘の創造世界は、現代の夜空に妖しく輝く、月の満ち欠けに喩えられるかもしれない。

scene,1

scene,2

scene,3

scene,4

scene,5

scene,6

scene,7

scene,8

scene,9

scene,10

Somé・Seiryukan How to use

Opening times Entry fee Location

Somé・Seiryukan tomonokai

Friends of the Somé・Seiryukan

Seiryutei

The villa retreat at Nanzenji Temple called Seiryutei by Togo Heihachiro.

Somé・Seiryukan Links

Links available through this site

Email for comments

Email address to contact the Somé・Seiryukan for comments and enquiries

Somé・Seiryuten

Dye Works Exhibition

Japanese