Past exhibitions

PAST EVENT GALLERY 2010

2010,01,12-2010,01,23

Three Person Exhibition

個人作家たちによる創作染色が始まったのは、厳密にいえば第2次大戦後である。日展、新匠工芸展、日本伝統工芸展、後に日本新工芸展がつくられ、また重要無形文化財保持者 (人間国宝)の制度ができて、型絵染の稲垣稔次郎、友禅染の田畑喜八・上野為二・森口華弘が指定された。この4人と小合友之助などを創作染色の第1世代とするならば、本展の佐野猛夫、三浦景生、来野月乙は第2世代である。三浦はいう。「小合友之助先生に巡り会えたのは、私にとって運命的といえるもの」であり、「稲垣稔次郎先生には溢れる香りに似た純粋さを感じた」と。このことは、京都市立芸術大学染織科において、2人の後を佐野、三浦、来野が継いだことにもあらわれている。
本展はこの3人のl960年代と70年代の 「ノン・フィギュラティフ」(非具象)作品を展示する。「非具象」は「具象にあらず」だから「抽象」と同じだと考えられがちである。しかしこの語は美術史的には限定された意味で用いられる。つまり 「非具象」とは、具象と抽象の中間の特殊な傾向を指し、この時期の3人の作品に共通している。かれらの考えによると、人間の視覚は自然と密接に関係していて、自然の印象が作家のヴィジョンを養う。したがってその作品が外観的には抽象に見えても、自然対象に精神的操作を加えて、心のるつぽの
中で溶かしてから出すので、「抽象」とは異なる。つまり、外的印象から出発しながら、それを心的世界の表現に昇華させるのである。このように抽象に接近しながらも、これと一線を画し、つねに自然の生命にふれようとするが故に、かれらの立場は 「非具象」なのである。もとより、そのあらわれ方は3人3様である。佐野は流動的な風水の世界を、三浦は植物の精を、末野は鳥や人物の生命を志向しつつ、自然性と精神性の割合を微妙に変化させて、それぞれの作品の芸術的内容を深化させて行った。

木村重信 (染・清流館館長)

scene,1

scene,2

scene,3

scene,4

scene,5

scene,6

scene,7

scene,8

scene,9

scene,10

Somé・Seiryukan How to use

Opening times Entry fee Location

Somé・Seiryukan tomonokai

Friends of the Somé・Seiryukan

Seiryutei

The villa retreat at Nanzenji Temple called Seiryutei by Togo Heihachiro.

Somé・Seiryukan Links

Links available through this site

Email for comments

Email address to contact the Somé・Seiryukan for comments and enquiries

Somé・Seiryuten

Dye Works Exhibition

Japanese