Past exhibitions

PAST EVENT GALLERY 2009

2009.03.01-2009.03.22

Asada Shuji Exhibition
— Commemorating his Retirement from Kyoto Seika University

藍より出でた青
今日、染色美術という日本独自の表現メディアは、当然ながら伝統的工芸的なメインストリームと、現代美術として確立させたいニューストリーム の両局面で展開されている。今回紹介する麻田脩三は、半世紀近い旺盛な制作活動で世界を駆け、染色をコシテンポラリー・アートにブレイクさせた異能 の作家である。麻田が入学した当時の美大染織科は、小合友之助、稲垣稔次郎という蝋染・型染の領袖を擁した輝かしい時代であった。彼は型染の簡素な造形、文様 の様式美、複製性に共感し、稲垣に傾倒していった。お二人の下から育った作家は数多いが、仏陀の掌から抜け出すのは容易でなく、「染色美術の現代化」に意欲を 燃やす麻田の思いは、この時代を「染色のロスト・ジェネレーションにしてはならぬ」ということであったにちがいない。型紙、糊材で布を防染し、植物染料ログウッド 一色で染め上げた初期のプリミティブな作風は、'60年代末期に突如変貌したいへん驚かされた。技法が顔料ステンシル、形態は思い切り削ぎ落とされたが了一口ティック に蠢きだし、まばゆいばかりの色彩が画面から三次元的に飛び出してきた。染色による現代美術への転換である。以後、円・正四面体・二等辺三角形・45度斜線という 単純形態を、対称・反復・直角回転させ、数度のマイナーチェンジはあるが、一貫して観る者にイリュージョナル・スキャンダルを提供してきた。この作画技法こそ 型染文様を字んだ麻田の独壇瘍のであり、ハードエッジな直線に絡まる曲線は、近未来の不安感、都市の寂蓼感にうち震えるぼくたちに生命力の尊さや不思議さを 訴えかける。染色の世界では顔料を格下に見る風潮があるが、顔料で彼のようにフラットな色面を創出するのは至難である。基調を担う黒色ぼとくに難しく、最終段 階で労作を台無しにして泣いたことも多いと年間30作をものにして笑い飛ばす。本展を新たなステップへのスタートだと位置づける柔軟さに「ますます青く」とエール を送りたい。作品に対峙すると、西陣の名門に生まれ育ち、伝統や旧弊に抗ったモダニストの息遣いが聞こえてくる。 清水忠(デザイン・プロデューサー)

scene,1

scene,2

scene,3

scene,4

scene,5

scene,6

scene,7

scene,8

scene,9

Somé・Seiryukan How to use

Opening times Entry fee Location

Somé・Seiryukan tomonokai

Friends of the Somé・Seiryukan

Seiryutei

The villa retreat at Nanzenji Temple called Seiryutei by Togo Heihachiro.

Somé・Seiryukan Links

Links available through this site

Email for comments

Email address to contact the Somé・Seiryukan for comments and enquiries

Somé・Seiryuten

Dye Works Exhibition

Japanese