Past exhibitions

PAST EVENT GALLERY 2008

2008.11.01-2008.11.23

Exhibition of exciting new up-and-coming artists — Eye-opening Hues and Images

Exhibition of exciting new up-and-coming artists — Eye-opening Hues and Images

染織は人の暮らしに近いもの」このあたりまえのフレーズが忘れられ既に久しい。言い換えればそれは、ここ 100年の染織の  芸術化とも言うべき傾向と歩調を合わせてきた。得たものの背景には失ったものがある。染織をアートとして評価することで失ったもの、  私はここ 年それが気になって仕方がなかった。 それとは日常にあるものをいとおしく「愛でる」という価値である。  しかし近年はパブリックな美術館でも『KAZARI ―日本美の情熱』(※1) 『デコ ―装飾』(※2)など装飾にかかわる企画が多いことをみれば、それは私だけの杞憂でなかったようだ。 『KAZARI ―日本美の情熱』では、仏像、仏具や着物、屏風はもとより、鎧(ヨロイ)、兜(カブト)か10ら、箱迫(ハコセコ)、煙管(キセル)、 根付(ネツケ)、簪(カンザシ)にいたるまで馴染みのないメイドインジャパンが等価に並んでいる。 くらしーかざるー美術が有機的に結合していた時代があったことを今さらながらに確認する。 『デコ ―装飾』では、陶器や漆器、ガラス、染め物といった工芸品に施された装飾にスポットが当たり、そらは若い女性にはやりのデコ電(※ 3)  にもパラレルな関係性があるとも指摘されている。今回の展覧会で紹介するのは、その流れに呼応するかのような女性4人による作品である。 いずれの作品もデコでカワイくカッコイイ。 つまり「装飾的に愛らしく極める」という日本の美意識をそのまま彼女らのDNAに持っている点が 特徴的である。 自由闊達である反面、染色の従来のお約束を逸脱しているかのような印象もあるだろう。しかし実は染色からも離れすぎず、 その距離の取り方が絶妙であると評価したい。なぜなら染色は時代とともにあるべきもの、汎用性があるべきものだと思うからである。 今回紹介できるのは一握りの新人だが、清流館という場で、かれらに「染め」の次代を試しに軽く預けてみたいと思う。 そうすることで今の染色の閉塞感を少しは突破できるのではないかという期待を抱かせる新人たちである。
京都造形芸術大学教授 八幡 はるみ

scene,1

1

scene,2

2

scene,3

3

scene,4

4

scene,5

5

scene,6

6

scene,7

7

scene,8

8

scene,9

9

scene,10

10

Somé・Seiryukan How to use

Opening times Entry fee Location

Somé・Seiryukan tomonokai

Friends of the Somé・Seiryukan

Seiryutei

The villa retreat at Nanzenji Temple called Seiryutei by Togo Heihachiro.

Somé・Seiryukan Links

Links available through this site

Email for comments

Email address to contact the Somé・Seiryukan for comments and enquiries

Somé・Seiryuten

Dye Works Exhibition

Japanese