Recent events and topics

Events opening in September

高谷光雄展 寓意と真実

新鋭染色作家展 日常を掬う

■date: 2022,9,30 [Fri]ー10,23 [Sun]
10:00~17:00

■place:Some・Seiryukan

■Admission: Adult rate 300yen ,
Student rate 200yen



Somé・Seiryukan How to use

Opening times Entry fee Location

Somé・Seiryukan tomonokai

Friends of the Somé・Seiryukan

Seiryutei

The villa retreat at Nanzenji Temple called Seiryutei by Togo Heihachiro.

Somé・Seiryukan Links

Links available through this site

Email for comments

Email address to contact the Somé・Seiryukan for comments and enquiries

Somé・Seiryuten

Dye Works Exhibition

 

染·清流館キュレター 深萱真穂


 京都を拠点に活動する染色作家の髙谷光雄(1941 年~)は、同時代の真実を、 蝋染の技法で寓意的にあらわす作品を手掛けています。その真実は、戦時下の大量 殺戮や原子力発電所のメルトダウン事故など重い内容を含みますが、画面には強制 収容所の線路や原爆ドーム、立ち昇る煙などが控えめに描かれるのみで、声高なメッ セージを発するわけではありません。むしろ融解する巨大なリンゴや、大空を泳ぐ クジラを前に、観る側は作者からの問いかけを読み解く想像力をかき立てられます。   
 若いころ旧約聖書の逸話をタイトルに掲げ、写実的な舟や家屋を鮮烈な色彩空間 に象徴的に配した連作を展開した作家は、世紀が変わるあたりで作風を大きく転換 し、戦前回帰の風潮や排他主義の伸長など具体的な社会状況から作品を構想するよ うになりました。9.11 の同時多発テロからアフガン、イラクの戦争へ至る世相も影 響したのかもしれません。戦争の非道を告発したケーテ・コルヴィッツを敬愛する髙谷の仕事はまた、ゴヤの風 刺画や浜田知明の版画、丸木位里・俊夫妻の画業などともつながりを感じさせ、染色の世界では稀有な存在です。 近年は題名に「交響曲」を冠する大作のシリーズに取り組み、一部は海外で収蔵されるなど、作品への共感は一 段と広がりつつあります。
 日本の染色は主に衣類を装飾する技術として発展し、描かれる主題は花鳥風月に代表される日本の伝統的な美 意識でした。髙谷も伝統的な技法を駆使しつつ、深い洞察と内省に導かれて人間の真実を染め伝えます。その孤 高の創作を、感染拡大による2 年の延期を経て今回、新作をまじえた個展形式でご紹介できることは、企画者と してこの上ない喜びです。  
                                                   




Japanese