加賀城 健  Kagajo Ken

染色家

Profile
'08 ファイバーワーク国際交流展/福岡アジア美術館 企画ギャラリー '08 花のような―テキスタイル展―/ルーフギャラリー(東京) '07 International Craft Trend Fair/COEX(韓国) '07 Japanese Suppleness/デンマーク国内を巡回 '07 JAMIN/エスプリ・ヌーボー(岡山) '06 4th International Fiber Art Biennale/蘇州工芸美術職業技術学院(中国) '06 アートコートフロンティア2006/アートコートギャラリー(大阪) '06 京都府美術工芸新鋭選抜展/京都文化博物館 '05 TEXTILE 05/ジリンアリス美術館(リトアニア) '05 CRIA展/京都芸術センター

 

 

Message
 

春日井 路子  Kasugai Michiko

日展会員
日本現代工芸美術家協会評議員 

Profile
'80 日展、日本現代工芸美術展初入選、ともに以後連続入選 '87 現代女流美術展出品、以後99年終了年まで毎年選抜 '93 日本現代工芸美術展審査員('00同) '95 日展特選受賞('99同) '96 染・清流展出品('97 '98 '99 '04 '05 '07同) '96 個展/銀座和光ホール '03同/銀座和光ホール、京都高島屋美術画廊 '99 NHK主催、日本の工芸<今>100選展選抜出品/エトワール三越(パリ)、他国内5ヶ所巡回 '00 京都府あけぼの賞受賞 '00 日本現代染織ドイツ展選抜出品/メェンヒェングラトバッハ市美術館(ドイツ) '01 京都の工芸・エジンバラ展選抜出品/シティアートセンターエジンバラ '03日展審査員('07同) '06 第37回日展出品作「酔心」が全国高等学校国語教科書の表紙絵に使用される '07 第36回日展出品作「聞風」が安倍総理テレビインタビュー時の背景を飾る
Message
染色を通して自分自身の心を表わせたら良いと思い、自分ならではの表現を追究しています。
 

加藤 由起  Kato Yuki

日展会友、京都府工芸美術作家協会会員、日本新工芸家連盟会員、滋賀県工芸美術協会会員

Profile
'54 福井県生まれ '89 日本新工芸展初入選(以降毎回入選) '92 染・清流展(第2~6・9・10・12・14・15・16回)  '93 個展/ギャラリーマロニエ(京都) 同'97 '00個展/平安画廊(京都) '04 日本新工芸展会員賞('06会員佳作賞)  '05 日展会友、日本新工芸審査員 Rozome Masters of Japan/ボストン、ワシントンD.C.、シアトル '07 個展/ワコール銀座アートスペース(東京) '08 第30回京都工芸美術作家協会記念展 奨励賞

Message
中国の石窟や寺院を巡り、少数民族の村を訪ね現地人との交流の中で感じた人間の本質を女性の姿を通して描く。
 

兼先 恵子  Kanesaki Keiko

日展会友、日本新工芸家連盟会員、京都工芸美術作家協会会員、京都市立芸術大学・京都造形芸術大学・大手前大学非常勤講師

Profile
'91 京都市芸術新人賞 '05 染・清流展/京都市美術館、日本新工芸展/上野の森美術館(東京)日本新工芸会員佳作賞、兼先恵子・八幡はるみの服展/ギャラリーにしかわ(京都) '06 創立60周年記念京都工芸美術作家協会展/京都高島屋、日展/東京都美術館、染・清流館開館記念<現代の染展> Part-3「型染」/染・清流館 '07 個展/ギャラリー恵風(京都)、日本新工芸展/国立新美術館(東京)、日韓交流染織瞑想展/伊丹市立工芸センター(兵庫) '08 京都工芸ビエンナーレ/京都文化博物館 特別記念テーマ部門大賞受賞
Message
1998年から源氏物語をテーマに、源氏を取りまく女君の愛の葛藤を通して、現代に生きる女性の「性」を探って作品制作しています。
 

河田 孝郎 Kawata Koro


Profile
'64 京都市立美術大学西洋画科卒業 '79 日展出品 以後11回出品 '80 京展出品('89市長賞 '90楠部賞) '90 個展/マロニエ(京都)/ニューヨーク(アメリカ) '91 第1回染・清流展出品 以後14回連続出品/京都市美術館 '93 美術選抜展出品/京都市美術館  '94 現代の染展出品/国立国際美術館(大阪) '95 現代・京都の工芸展出品(京都府文化博物館) '96 日本の染織・テキスタイル展出品/目黒区美術館(東京)  '97 国立国際美術館の20年展出品/国立国際美術館(大阪) '00 個展/ワコール銀座アートスペース(東京)/那覇市民ギャラリー(沖縄)  '01 個展/正觀堂(京都) '02 染飾展 染=河田孝郎と生花=難波佳代子によるコラボレーション/清流亭(京都南禅寺) 河田孝郎・平面×古作厚子・立体展/小原会館エスパスオハラ(東京)  '03 個展/ハンブルグ州立工芸美術館(ドイツ・ハンブルグ) '04 京都美術文化賞受賞記念展/中信御池ギャラリー(京都) '07 染・河田孝郎×花・古作厚子展/小原エスパスオハラ(東京)、染色の領域展出品/染・清流館(京都)
Message
 

菊池 学  Kikuchi Manabu

(株)イッセイミヤケ メン テキスタイ      ルデザイナー
(有)学造舎 代表取締役

Profile
'00.10 モーリの色彩空間「SABI」 スパイラルホール '01.2 「錆金色」青山AKI-EX '04.2 「錆流文様図」青山AKI-EX '04.4 清流展「泥土錆絹布」京都市美術館 '05.5 浅葉克己コラボ「錆トンパ」青山AKI-EX '06.5 ダビンチを錆染する トロワゾ '06.6 「錆着尺」浅草ギャラリーef '07.1 映画「魍魎の匣」美術提供
Message
錆色の表現方法をライフワークに作品に取り組んでいる。
 

木村 菜穂子  Kimura Nahoko

京都工芸美術作家協会会員

Profile
'93 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了 '94 第18回京都工芸美術作家協会展「協会賞」受賞、第19回全日本新人染織展「新鮮賞」受賞 '95 現代・京都の工芸展/京都府京都文化博物館、第5回染・清流展/京都市美術館('96 '97 '98 '00) '96 新鋭美術選抜展/京都市美術館('98)、個展/神戸阪急百貨店美術画廊 '07 染・清流館開館記念 現代の染展/染・清流館、アートフェア東京/東京国際フォーラム('08)、個展/蔵丘洞画廊('08)、『KAMON NAHOKO KIMURA WORKS』出版(青幻舎)

Message
必要なのは技法、思考、好奇心それと根気。いや、根性かも。もの作りは本来、最も格好悪いものだと思う。
 

倉内 啓  Kurauchi Hiroshi

広島市立大学芸術学部准教授、新匠工芸会会員、日本テキスタイルカウンシル会員

Profile
'61 岡山生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科工芸専攻修了。日本毛織(株)に入社後メンズファブリックの企画デザインを担当、ミラノデザインオフィス準備室を経て退職。'91 沖縄県立芸術大学に赴任し紅型を研究、新匠工芸会に型染による作品を出品('92・'93 新人賞、'94 会友賞、'99 富本賞、'04 稲垣賞受賞)。'94 広島市立大学設立にあたり赴任。ITF国際テキスタイルコンペティション、京展、京都美術工芸展等の公募展に入選、入賞。'98京都市芸術新人賞を受賞。以降、染・清流展等グループ展に多数出品。
Message
できるだけ作品のタイトルに『さんずいへん』の文字を選びます。染色の仕事と切っても切れない水に感謝して。
 

黒田 暢   Kuroda Toru

日展会員
嵯峨美術短期大学名誉教授

Profile
'48 京都市立美術専門学校図案科卒業 '49 日展入選 '74 特選 '50 京都府工芸美術展知事賞 '51 佳賞 '54 京展市長賞  '57 読売新聞社賞 '60 市長賞 '86 京展賞 '71 日本現代工芸展10周年記念賞 '81 日展審査員 '08 染織α表紙原画展/染・清流館
Message
染色をしていてよかったといえるような作家になりたいと思っています。
 

English